6月 17th, 2013 12:00 AM

食生活の変化やその他の原因から、そして加齢などにより歯の悩みを抱えている方は多いと思います。
特に、入れ歯を必要とする方々にとって、食べ物をしっかり噛むことのできる「新しい歯」については、いろいろと考えておられるのではないでしょうか?
最近では、「入れ歯ではなく、インプラントによる新しい歯が欲しい!」と考えている方々が増えています。

では、最近注目されているインプラントとはどのような治療方法なのか、またメリットとは何なのか、そして治療期間はどのくらいなのかを見てみることにします。

インプラント治療とは、失った歯の場所の顎(あご)の骨にチタン製の人工の歯根を埋め込んで、その上に人口の葉をかぶせると言う、最新技術による治療法です。
そのために、入れ歯やブリッジのように他の歯に負担を掛けることがない点が最大のメリットと言えます。
同時に、口内衛生の面からも入れ歯やブリッジよりも優れていると言えます。
また、天然の歯に近い見た目と言う、審美性の点からも入れ歯などに比べて優れています。
では、治療期間はどのくらい必要なのでしょうか?
治療する歯の本数にもよりますが、おおむね6週間ほどかかります。
治療費用については、現在は随分と手ごろになってきていますので、かかりつけの歯医者があれば、遠慮なく質問すると良いでしょう。

インプラント治療は一般診察と違って、健康保険が適用されない自由診察となっています。
しかし、医療費控除の対象となっていますので、インプラント治療にかかった費用を確定申告すると、費用の一部が戻ってきます。

「入れ歯は噛むとき痛いから遠慮したい?」、「ブリッジだと歯を削らなくてはならないし」などとお悩みの方、また、「自然な歯が欲しい」、「安心して美味しく食べたい」とお考えの方は、ぜひインプラント治療をされることをお奨めします。

コメントをどうぞ